しょうの雑記ブログ

物事の考え方、ブログ運営、ファッション、プロ野球、音楽、食べ物などについて書いたブログです。

社会になじめない人は、「独自の視点」を使って、ネット上に文章を発表してみよう

 このブログの読者の方で、「社会になじめない」と感じている方は多いと思います。「社会になじめない」という思いを抱えて生きるのは、なかなか大変な部分があります。そういうことを話せる人が身近にいれば、少し気が紛れるかもしれません。しかし、そういう人がいないと、自分一人でその気持ちを抱え込むことになります。それは、とてもしんどいことです。

 

 「社会になじめない人」というのは、社会になじめている人と比べると、「考え方が少し違う」ことが多いです。他の人が「普通のこと」と言っていることが、その人にとっては、どうしても普通と思えなかったりします。逆に、自分で「これは普通だ」と思うことをしていても、周囲から「それはおかしい」と思われたりします。

 

 そういうことが続くと、周囲から「変人扱い」されて、社会の中で居場所がなくなっていきます。それは、なかなか苦しいことです。

 

 また、本質的には社会になじめていなくても、「表面上は、なじめているふり」をしている人もいます。そういう人も、最初はそれでごまかしていけるかもしれません。しかし、それが続くと、無理がたたって、精神的にしんどくなってきたりします。

 

 「社会になじめない人」というのは、「普通の人にはない視点」を持っている場合が多いです。「他の、普通に生きている人と、見ている視点が違う」からこそ、社会になじめないのです。しかし、それは、見方を変えると、「長所」にもなります。「普通の人にはない、個性的な視点」を持っているからです。

 

 だから、社会になじめない人は、その「長所」を活かして、自分の考えていることを文章にまとめて、ブログで発信してみましょう。

 

 ただ、中には、「長文を書くことが苦手だ」という人もいるでしょう。そういう人は、無理にブログを書く必要はありません。そのかわり、ツイッターでつぶやいてみましょう。そして、ツイッターで文章を書くことに慣れてきたら、ブログで長文を発信してみてもいいでしょう。

 

 このようにして、独自の視点で、ネット上に文章を書いていると、「これは面白い」という感想を持つ人が出てきます。そういう人が増えると、ネット上で人気が出てくることもあります。

 

 もし、あなたの周囲に、「あいつは変な奴だ」という人がいたとしても、勝手に言わせておけばいいでしょう。そう言われたとしても、気にすることはありません。変な奴なら、変な奴で結構です。そのままでいましょう。

 

 そのかわり、「変な奴が持っている、独自の視点」で、どんどんネット上で文章を書きましょう。現実社会とは違って、ネット上では、それが「武器」になります。そういう武器を使って、ネット上での知名度を上げていけば、現実社会で面白いことが起こることだって、ありえます。