しょうの雑記ブログ

物事の考え方、ブログ運営、ファッション、プロ野球、音楽、食べ物などについて書いたブログです。

リサイクルショップで、「良い洋服や靴」を選んで買う方法

 みなさん、洋服は、どこで買うことが多いでしょうか? 新品の洋服を扱う店で買う人が主流だと思いますが、最近は、「リサイクルショップ」もよく見かけるようになりました。リサイクルショップは、中古品を扱うお店です。一昔前は、「リサイクルショップは、ダサい服しか置いてない」というイメージでした。しかし、今は、リサイクルショップも様変わりしています。今は、リサイクルショップを見ると、おしゃれな商品が沢山置いてあります。これはきっと、「使わない洋服は、どんどんリサイクルショップに売ろう」という意識を持つ人が増えたからだと思います。その結果、良い商品が、リサイクルショップに流れてくるようになりました。

 

 運が良ければ、新品同様の商品や、ブランドの商品が格安で置いてあったりします。「こんな良いものが、この価格で売ってるの?」と驚くことも珍しくありません。

 

 洋服を買うことは楽しいですが、「洋服にそれほどお金をかけられない」という人も多いでしょう。そういう人は、リサイクルショップをどんどん活用しましょう。

 

 僕自身も、リサイクルショップで結構服を買っています。そして、色々リサイクルショップを見るうちに、「リサイクルショップの効果的な活用法」がわかってきました。そのため、その経験と知識を、みなさんにもお伝えしようと思います。

 

 ここでは、まず、「リサイクルショップのメリット」について説明していきます。

 

リサイクルショップのメリット

価格が安い

 リサイクルショップの一番のメリットは、「価格の安さ」でしょう。新品で買う場合に比べて、圧倒的に安く買うことができます。リサイクルショップといっても、数回しか着用していないものもあるので、新品同様の商品を格安で手に入れることもできます。ただ、一部の高級ブランドの商品については、新品とそれほど変わらない価格で売っていたりもするので、注意が必要です。

 

発売中止となった商品も買える

 最近は、流行のサイクルが早いので、「欲しい」と思っていても、タイミングを逃して買い逃してしまうことがあります。買い逃してしまった商品は、売切れたらもう発売中止になってしまうこともあります。

 

 欲しかった商品を買い逃すというのは、悔しいものですが、リサイクルショップをのぞくと、そういう商品が売っていることもあります。

 

 「買いたかったけど、買い逃してしまった商品」に偶然出会えたりするのも、リサイクルショップの魅力です。

 

様々な年代の商品が買える

 リサイクルショップには、最近発売されたものから、すごく古い年代のものまで、様々な年代の商品が揃っています。

 

 商品を探していると、「若い頃に着ていた商品」にまた出会えることもあります。そういうものに出会えると、若い頃を思い出して、懐かしくなったりします。服の流行は、また巡ってくるものなので、若い頃に着ていた商品を、再び着てみるのも楽しいのではないでしょうか。

 

掘り出し物に出会えることもある

 リサイクルショップの値段というのは、店員がものの相場を見て決めます。しかし、リサイクルショップの相場というものは、そこまではっきり決まっているわけではありません。値つけは、店員の裁量が大きかったりします。

 

 そのため、店員の知識が浅かったりすると、本当はすごく価値のあるものが、格安の値段で売られていたりします。そういった物は、「掘り出し物」と呼ばれたりします。

 

 こういった掘り出し物に出会える機会は、そう多くはありません。しかし、たまに掘り出し物を見つけると、とても興奮して、「やったー!」と叫びたくなります。

 

 「掘り出し物に出会うこと」は、リサイクルショップでの買い物において、一番の醍醐味と言えるでしょう。

 

 

 ここまで、リサイクルショップのメリットについて説明してきました。ただ、リサイクルショップで服を買う場合、デメリットもあるので注意してください。

 

 

リサイクルショップのデメリット

状態が悪いものもある

 リサイクルショップには、様々な状態のものが売っています。新品同様のものもありますが、中には、汚れや破れが目立つものもあるので注意しましょう。

 

においがついているものがある

 リサイクルショップで買い物をする際に、意外と忘れがちなのが「におい」です。汚れや破れをチェックする人は多いですが、においをチェックしている人は少ない気がします。においをチェックしないと、買った後に、「デザインは気に入っているのに、においが気になって着れない」となる場合もあります。

 

意外と高値がついているものもある

 リサイクルショップには、「値段が安くてお得な商品」もありますが、中には、「意外と高値がついている、あまりお得ではない商品」も混じっています。「リサイクルショップだからといって、全てお得なわけではない」ということを心に留めておいてください。

 

 

 ここまで、「リサイクルショップのメリットとデメリット」について解説してきました。そうなると、「では、リサイクルショップで買う場合は、どういうポイントをおさえたらいいの?」疑問に思ったりするでしょう。

 

 そこで、ここからは、自分が思う、「リサイクルショップで良い商品を買うためのポイント」について説明します。

 

 

リサイクルショップで、良い商品を買う時ためのポイント

ノーブランドのコーナーを細かくチェック

 リサイクルショップでは、大抵、「ブランド物コーナー」と「ノーブランドコーナー」に分けられています。

 

 しかし、たまに、ノーブランドのコーナーに、ブランド物が置いてある場合があります。

 

 ノーブランドのコーナーに、メジャーなブランドの商品が置いてあることはあまりありません。しかし、「玄人好みのブランドの商品」が、ブランド物と思われずに、ノーブランドコーナーに置いてあることは、結構あります。その場合は、格安でブランド物を買うことができます。

 

 このように、ノーブランドのコーナーには、「掘り出し物」が眠っている確率が高いです。そのため、掘り出し物を見つけたい人は、ノーブランドのコーナーを細かくチェックしてみてください。

 

においをチェック

 中古品というのは、前の持ち主の「におい」がついている場合もあります。洗ってにおいが落ちればいいですが、中には、何度洗っても落ちないようなにおいもあります。せっかく買ったのに、「においが気になって着れない」ということがないよう、買う前に、においがついていないか、チェックしておきましょう。

 

状態を細部までチェック

 リサイクルショップでは、状態の良いものもあれば、状態の悪いものもあります。しっかりチェックしないと、状態の悪いものを買って後悔することになります。リサイクルショップでは、状態を確認することは「購入者の責任」になるので、状態が悪くとも、返品することはできません。そうすると、せっかくお金を払って買ったのに、ごみとして捨てなければならなくなる場合もあります。

 

 そうならないよう、購入時に、「汚れや破れはないか?」と、状態をしっかりチェックしましょう。

 

 特に、「裏地の状態」や「ポケットの状態」などは見過ごしやすいので、そういう部分もチェックしてから買うようにしましょう。

 

じっくり試着する

 リサイクルショップというのは、試着をする場合、店員がぴったりついてくることはありません。店員に声をかけなくても試着できる店も多いです。店員の目を気にせず、思う存分試着できるというメリットがあります。

 

 そういうメリットを活かして、試着にはじっくりと時間をかけて、納得のいく一着を選びましょう。試着に時間をかけた方が、買い物の失敗は減らせます。

 

靴コーナーを細かくチェックする

 靴に関して、「なかなか自分にぴったりのものがみつからない」と悩んでいる人は結構いるでしょう。そんな人は、リサイクルショップで靴を探してみましょう。

 

 実は、リサイクルショップというのは、「靴を探すのに、適している店」でもあるのです。リサイクルショップの靴コーナーというのは、新品の店と違い、大抵の店では、試着をする際に店員に声をかける必要はありません。そのため、店員の目を気にせず、自分が納得いくまで、じっくりと試着することができるというメリットもあります。

 

 試着の際は、ただ履くだけでなく、履いた状態で店の中を歩いてみましょう。靴の場合は、「ただ履くだけなら大丈夫だったけど、歩いてみたら痛かった」ということは結構あります。店員の目を気にせず試着できるリサイクルショップは、「歩いている状態を試す」のに非常に適した店です。だから、気になった靴があったら、試着してガンガン歩いてみましょう。

 

 ただ、靴というのは、中古だと「におい」が気になることも多いので、「変なにおいがついていないか」は、買う前に必ずチェックしましょう。

 

 そういう感じで、こまめにリサイクルショップの靴コーナーを探していると、自分にぴったりな、「シンデレラフィット」の靴に出会えることもあります。

 

 

まとめ

 最近は、リサイクルショップは本当に沢山あって、おいている商品の質もすごく高くなっています。それならば、リサイクルショップを活用しない手はありません。ただ、新品の店とは違った、購入の際の注意点がありますが、それをわかっていれば、リサイクルショップは「非常に使える店」です。

 

 ここで語ってきたような内容に注意すれば、きっと良い商品に巡り合えると思いますよ。

 

 この記事を読んで、リサイクルショップに興味を持った方は、休みの日にリサイクルショップに行って、「掘り出し物探し」をしてみてはいかがでしょうか。