しょうの雑記ブログ

物事の考え方、ブログ運営、ファッション、プロ野球、音楽、食べ物などについて書いたブログです。

イメージすることの大切さ

 何かを上達したいと思った時に、「イメージすること」はとても重要です。生活の中では色々とやらなければいけないことがあるので、何か「上達したい」と思っていることがあったとしても、常にそのことをすることはできません。

 

 例えば「野球がうまくなりたい」と思っている人がいたとします。野球をうまくなるためには、野球の練習をするのが一番です。しかし、1日の中で「野球を練習できる時間」というのは限られています。生活をするためには野球以外のこともやらなければなりませんし、野球の練習をずっとやっていたら体力がもちません。ただ、「野球がとにかくうまくなりたい」と思っているのなら、「野球をしていない時間も、野球のことをイメージして考える」ことが重要です。例えば、ピッチャーなら、「投球時の肘の角度はこのくらいがいいか」「踏み出す時の足の強さはこれくらいがいいか」など、色々とイメージをしておきます。そして、イメージしたことを、実際の練習で試してみて、違う箇所があったら、その都度修正をしていきます。

 

 今回は、野球を例に出しましたが、これは野球だけでなく、あらゆることにあてはまります。「日頃、イメージをしている人」と「イメージをしていない人」だと、実際にその行動を行った時に大きな差が出ます。そして、やりたいことをやる時間があまり取れなかったとしても、日頃しっかりイメージすることを行っていれば、それを実際にやった時に上達するスピードは格段に早くなります。

 

 だから、「やりたいことがあるのだけど、それをやる時間がなかなか取れない」という人がいたとしたら、それを理由に諦めてしまうのはもったいないことです。時間があまり取れなくても、「イメージすること」で、補える部分も多いわけですから。

 

 どうしても、大人になってくると、自分のやりといことをやれる時間は限られてきます。だから、そういう人は、本当にやりたいことがあるなら、「それをやっているところ」をいろいろイメージして、頭の中でやってみましょう。「イメージする」だけなら、どこだってできます。夜、布団の中に入って寝る前にだって行うことができます。

 

 「やりたいことをやる時間が少ない」のであれば、なおさらイメージすることが大事になってきます。

 

 自分の好きなことについて考えている時間は楽しいですし、「面白い」と感じられます。だから、そういうことであれば、ちょっとした時間でイメージをすることもあまり苦にならないはずです。むしろ、それが気分転換にもなったりします。

 

 「やりたいことをできる時間が少ない」と嘆いている暇があったら、頭の中でそのことをどんどんやってイメージを膨らませていった方がいいです。そして、数少ない「やりたいことをやれる時間」に、集中してそれをやりましょう。そうすることで、それをやる時間が少なくても、どんどん上達していくので、楽しくなって、そのことがもっと好きになります。