しょうの雑記ブログ

物事の考え方、ブログ運営、ファッション、プロ野球、音楽、食べ物などについて書いたブログです。

「一番好きなこと」より、「一番適性があること」を伸ばす

 このブログを読んでいる方の中には、何か好きなことがあるでしょうか? 誰でも、好きなことをやっていると楽しくなります。それが一番好きなことならばなおさらです。その一番好きなことについて、適性がある人はさらに幸せです。「一番好きなことが、一番適性がある」という人の人生は楽しいでしょう。なぜなら、一番好きなことをやっていると、どんどん上達して面白くなって、その好きなことがさらに好きになるのですから。

 

 しかし残念ながら、「一番好きなことが、一番適性がある」人はあまりいません。多くの人は、一番好きなことに対して、あまり適性がなかったりします。適性がない人が好きなことをやっていると、それをやっている時間は楽しいのですが、やっていてもあまり上達していきません。そうなると、いくら好きなことであっても、やっているとモヤモヤした気持ちになって、好きなことをあまり楽しめなくなったりします。

 

 そうなった場合は、あまり一番好きなことにこだわらず、「自分の適性があるものは何か」を探してみるといいでしょう。ただ、何をもって「適性がある」というのかわからない人もいると思います。適性があることというのは、まず、それをやっていて「人よりうまくできる」と自分で思えるが重要です。次に、それに取り組んでいて、「こうした方がいい」という発想が出てくるかも大事です。3つ目に、それに取り組んでいて、「もっとうまくなろう」と思えるかもポイントです。

 

 まとめると、「人よりうまくできる」と思えて、「こうした方がいい」という発想が出てきて、「もっとうまくなろう」と思えることなら、それはあなたに適性があることです。

 

 また、「適性があること」を探すのは、今やっていることと全く違う分野でなくても構いません。今やっている分野の中でも、自分に適性があるものとないものがあります。

 

 例えば、歌手を例に挙げます。ある歌手は、音楽の中では、激しいパンクロックが一番好きだったとします。しかし、彼の声は、細く透き通っていて、パンクロックの激しい演奏の中で歌うとかき消されてしまいます。そうなると、彼は人よりうまくパンクロックをうまく歌えないので、パンクロックの適性はないと言えます。しかし、彼のような声質だと、ジャズのようなしっとりした音楽をやれば、彼の声は活きて、人よりうまく歌えます。このように、同じ音楽の分野でも「自分に適性がないもの」と「自分に適性があるもの」に分かれます。そのため、自分の才能を伸ばすためには、大まかな分野を決めるだけでなく、その分野の細かいところまで見て、「自分の適性があるもの」を見つけていった方がいいでしょう。

 

 そして、もし適性があることが見つかったら、それが現在あまり注目されていない分野だったとしても、真剣に取り組んでみましょう。むしろ、今現在あまり注目されていない分野の方が、「今後、伸びしろがある」という意味では面白いです。今後、あなたがその分野の第一人者になれるかもしれません。今の段階で、そのことを仕事にできなくても構いません。仕事はお金を稼ぐために別のことをして、プライベートの時間を使って、なるべくそのことに取り組む時間を多くしてみましょう。

 

 「自分に適性があること」を見つけることができれば、それをやればやるほど上達していきます。そして、上達していくと段々面白くなってきます。もし、「自分に適性があること」が元々それほど好きでなかったとしても、上達していくと、自然とその面白みに気づいていくものです。そして面白みに気づけば、意欲が上がって、さらにやりたくなります。

 

 だから、もし、「一番好きなこと」が「一番適性のあること」でなかったとしても落ち込む必要はありません。そういう人は、「一番適性のあること」を探す楽しみが残っています。そして、「一番適性のあること」が見つかったら幸せです。最初は好きでなかったとしても、やっているうちにそれがどんどん好きになっていくのですから。だから、「自分の適性のあること」を見つけたら、最初の段階で「あまり好きじゃない」と思っても、続けてやってみましょう。そうすると上達していくうちにそれが好きになるので、段々と、「一番適性のあるもの」が「一番好きなもの」にもなっていくはずです。