しょうの雑記ブログ

物事の考え方、ブログ運営、ファッション、プロ野球、音楽、食べ物などについて書いたブログです。

「ブログを書くメリット」について

 このブログを始めたのが去年の12月4日からなので、始めてからまだ1ヵ月しか経っていません。ただ、今のところは、継続して記事を書き続けることができています。そして、ブログを書いていると、「ブログを書くって、いいものだな」と思うようになりました。

 

 そこで、ここでは、1ヵ月ほどブログを書き続けてきた自分が思う、「ブログを書くメリット」について語っていきたいと思います。

 

 

「負の感情」を文字にして発表することで、ストレスを解消できる

 自分がこのブログを始めたきっかけは、「負の感情を発散したい」というものでした。無職で、周囲に話す人があまりいない状況だと、心の中に「負の感情」がどんどんたまっていきます。そうなると、「どこかに発散したい」となります。しかし、周囲にそういうことを話せる人がいないので、話して発散することはできません。そこで、ブログで記事を書いて、発散してみることにしました。

 

 ブログというのは、「記事を公にする」ものですから、負の感情をそのまま発表することはできません。そのまま発表したのでは、見るに堪えなくて、誰にも読んでもらえません。負の感情を、「ブログで読んでもらえる形式」に整えて発表する必要があります。そのため、「直接的に発散する」ことはできません。しかし、間接的ではあっても、「文字にして発表する」ことで、負の感情を発散できて、それがストレス解消につながると実感しています。

 

 

自分の悩みを客観的に見ることができる

 このブログは、「負の感情を発散したい」という目的で始めているので、自分の悩みについて書いた記事が多いです。

 

 自分は、過去に適応障害で休職していた時に、カウンセリングに通っていました。そこで、「認知行動療法」の手法を取り入れたカウンセリングを受けていました。認知行動療法は、自分の考えをノートに書いたり、それに対する反論を書いたりして、その過程で自分の認知の歪みに気づくという心理療法です。

 

 ブログで、自分の悩みについて書いていると、自分の悩みを、客観的に見ることができるという利点があります。自分の悩みと言うのは、普段は頭の中だけで考えていることですから、目には見えません。しかし、ブログに書くためには、文字という「目に見える形」にする必要があります。自分の悩みを文字という「目に見える形」にすると、自分の悩みを客観的に見ることができます。そうすると、「あ、この悩みについは、こういう対処の仕方はどうか」とか、「こういう解決法はないだろうか」など、新しい考え方が浮かんできたりします。その過程が、「認知行動療法を受けた時の効果と似ている」と感じました。

 

 そういう意味で、僕は、「ブログを書くことは、認知行動療法に近いな」と思っています。だから、心理的な悩みを抱えている人がブログを書くと、認知行動療法的な効果が得られると思います。

 

 

知らない人とつながれる

 ブログの大きな魅力の1つに、「自分の書いた文章を誰かに読んでもらえて、その読者とつながれる」ということがあります。

 

 確かに、SNSでも、知らない人とつながることはできます。代表的なSNSの1つに、ツイッターがあります。ツイッターでも、つながりは持てますが、ツイッターの場合は、「140文字」という制限があります。そうなると、短文しか投稿できません。そうなると、自分が言いたいことの一部しか知ってもらうことはできません。そのため、ツイッターだと、どうしても「薄いつながり」になりがちです。

 

 他にも、代表的なSNSとして、フェイスブックがありますが、フェイスブックは基本的に本名で行うものです。そうなると、弱い部分や悩みについての投稿をしづらくなります。そうなると、どうしても「取り繕った自分」で人とつながることになるので、その状態で人とつながっても、あまり満足感は得られません。

 

 自分の場合、弱い部分や悩みが多いせいか、「自分の弱い部分をさらして、それでも興味を持ってくれる人」とつながりたいと思っています。それには、ブログというのは、非常に良い手段です。

 

 自分と同じような悩みを持った知らない人とブログでつながることで、「相互扶助」のような効果もあるのではないかと思っています。

 

 ただ、それほど悩みを持っていない人でも、自分のブログに興味を持ってくれて、つながることができたら、それはすごく嬉しいです。そこでつながれたということは、読んでくれた人が、「あ、この人、弱い部分があるけど、それでもなんだか面白いな」と思ってくれたということですから。自分に興味を持ってくれている人とつながれるのは、とても嬉しいことです。

 

 

 

 ブログを書くメリットについて語ってきましたが、いかがだったでしょうか。「ブログを書いている理由」は、人それぞれだと思います。ですが、ブログを書いている人が読むと、「この部分は共感できる」というところもあったのではないでしょうか。