しょうの雑記ブログ

物事の考え方、ブログ運営、ファッション、プロ野球、音楽、食べ物などについて書いたブログです。

人生は「アドリブ」でいい

 人間、先のことを考えると、ついつい不安になってしまうものです。そして、多くの人は「この先に待ち構えているであろうリスク」に備えようと必死です。そのため、人は、公務員や大企業の社員といった「解雇されづらい」仕事につきたがりますし、「将来のために貯金しよう」と貯金に励んでいる人は多いです。また、生命保険などの保険に加入したりします。

 

 しかし、人生は、時として、予想もつかないことが起こるものです。いくら万全に備えをしたと思っても、予想もつかないことが急に起こって、うろたえてしまったりします。「大企業に就職できて将来は安泰だ」と思っても、激務のため、うつ病になってしまう人もいます。また、必死で貯金していたけれど、信用している人にそのお金を預けていたら、いつのまにか使い込まれてしまったということもあります。そのため、いくら「万全の備えをした」と思っても、それでも防ぎきれない事態が起こる可能性もあります。

 

 そういうことを考えると、いくら備えをしたとしても、不安はなくならなりません。

 

 それならば、先のことばかり考えて、いつも不安な気持ちになってしまうくらいなら、いっそのこと、「人生はアドリブでいい」と割り切って考えるようにしましょう。何かが起こったら、「その時、アドリブで対処すればいい」と考えるようにするのです。そうすれば、将来に対して過剰に備えをすることを辞められるので、「今」を楽しみやすくなります。それに、アドリブで危機を乗り切ることができれば、「対応力」がついて、次に危機が訪れた時も、乗り越えやすくなります。

 

 人生は、予想もつかないことが起こります。それは怖さもありますが、同時に「面白いこと」でもあります。予想がつかないからこそ、人生は面白いのです。今後の人生に対して、「万全に備えよう」と思うより、「アドリブでいこう」と考えた方が、予想もつかないことが起こった際に、面白みを見つけやすくなります。「人生は、アドリブ」と考えることには、そういったメリットもあります。

 

 だから、「この先のため、万全に備えよう」と思うより、「アドリブ力を磨こう」と考えるようにしましょう。そうやって、アドリブ力を磨いていった方が、何が起こるかわからない人生を、うまくやっていけるような気がします。