場面緘黙症だった僕の、その後の人生

小学校時代に場面緘黙症を経験。社会に出た後も、仕事になじめずに苦しむ。社会にうまく適応できないという悩みあり。このブログが、同じような悩みを持っている方の参考になれば幸いです。

「勝ち」「負け」より、自分の満足感を重視する

 「勝ち組」「負け組」という言葉があります。自分の立場について考えた時、「自分は勝ち組に入っている」と思えば気分は良くなります。逆に、「負け組に入っている」と思えば、絶望的な気分になったりします。

 

 今の日本は、資本主義社会なので、一般的に、収入を基準に語られることが多いです。年収が多い人が「勝ち組」と言われて、年収が少ない人が「負け組」と言われたりします。

 

 または「結婚しているか、いないか」で「勝ち組」「負け組」と分けられる場合もあります。「結婚していて、年収が多い人は勝ち組」「結婚していなくて、年収が少ない人は負け組」という感じで。そして、「結婚しているかどうか」というのも、実際は収入によって決まる部分が大きくなっています。収入が多い人は、生活が安定するので、「では、結婚しようか」という気になりやすく、結婚する人が増えます。逆に収入が少ないと、「とても結婚なんかできない」と考え、結婚しない人が増えます。

 

 では、「勝ち組」になったら必ず幸せになれるかというと、そうとも言い切れません。確かに、「勝ち組」と呼ばれている人の中には、幸せそうな人もいます。しかし、「勝ち組と言われている人」をよく見てみると、常に何かに追われていて余裕がなく、全然幸せそうじゃない人も多いです。

 

 逆に、世間的には「負け組」と見られているような人の中にも、お金はあまりなくとも、ゆったりと自分のペースで生活していて、幸せそうな人もいます。

 

 せっかく「勝ち組」に入ったのに、幸せを感じられない人がいて、「負け組」に入っているのに、幸せに過ごせている人がいるなら、「勝ち組に入ること」に、そこまでこだわる必要はない気がします。

 

 それならば、「勝ち」「負け」という基準ではなくて、「自分の満足感」を基準に考えた方がいいでしょう。人と比べて「勝った」「負けた」と思うのではなく、「自分が満足したかどうか」を考えていくようにしましょう。

 

 そこで、「今は、収入が少なくて満足できない」という人は、もっと収入の得られる仕事を探して、収入を増やす方法を模索すればいいと思います。

 

 次に、収入が少なかったとしても、自分の今の生活にある程度満足できている人がいたら、そのままの生活を続けていけばいいと思います。

 

 ただ、資本主義社会の中で生きていると、「もっと収入を増やせば、もっと満足感が得られる」という雰囲気が支配しています。その雰囲気にのまれて、収入が少ない状態でも満足しているのに、「もっと働いた方がいいのかな?」と不安になる人もいます。しかし、現在の生活に満足しているなら、無理に収入を増やす必要はないと思います。なぜなら、無理に収入を増やそうとすると、自由になる時間が減り、それにより満足感が得られなくなるおそれがあるからです。

 

 「勝ち」「負け」ではなく、「自分の満足感」を基準に考える癖をつけると、必然的に人と比べることが少なくなります。なぜなら、満足感を基準にすれば、自分が満足していればそれでよくなる訳ですから、周囲が沢山お金を持っていたとしても、あまり気にならなくなります。それにより、無駄な劣等感を感じなくてすむというメリットもあります。

 

 「勝ち組」というのは、言い換えれば、「お金を沢山稼ぐことで、資本主義社会の中で勝ってきた人」のことです。そこに興味のある人は、資本主義の中で勝つことを目指せばいいでしょう。しかし、「資本主義社会の中で勝つこと」にあまり興味がない人は、その基準に従ってしまうと、劣等感ばかりが増え、不幸になってしまいます。

 

 だから、特に、「資本主義の中で勝つこと」に興味のない人ほど、「満足感」を基準に自分の生活を考えていった方がいいでしょう。その方が、幸せになれる確率は上がるはずです。