しょうの雑記ブログ

物事の考え方、ブログ運営、ファッション、プロ野球、音楽、食べ物などについて書いたブログです。

無職の人におすすめの、お金をかけずに暇をつぶす方法

 無職になると、仕事がないため、「しなければならないこと」がほとんどなくなります。現在、正社員で、連日遅くまで残業をしている人にとっては「うらやましい」と思ったりする人もいるでしょう。しかし、「しなければならないことがない」というのも、それはそれで辛いものです。自由な時間がありすぎて、「では、その時間で何をすればいいの?」と思ってしまったりします。さらに、無職になると、お金の余裕がなくなります。したいことがあったとしても、お金が沢山かかることはできません。「旅行に行きたい」「高い服が欲しい」と思っても、お金がないとその願望を叶えることはできません。そうなると、余計に「何をすればいいんだ?」と途方に暮れてしまいます。

 

 ただ、よくよく探してみると、「お金をかけずにできる楽しいこと」というのは色々転がっていたりします。ここでは、無職の人など、時間が余ってしまっている人に向けて、「あまりお金をかけずにできる、おすすめの暇つぶし方法」についてお伝えします。

 

 

インターネット

 最近は、インターネットの発達で、ネットが日常生活に根付いてきました。ネットを見ると、無料で楽しめるコンテンツが沢山そろっています。その中でも、おすすめのものを挙げていきます。

 

ユーチューブ

 ユーチューブには様々な動画があがっています。そして、最近は、1時間以上の長い動画もあげることができるようになっています。そういった動画を見ているだけでも、かなり時間はつぶせます。

 

・ツイッター

 ツイッターは、ネット上に、140文字以内でつぶやきを発信できるサービスです。ツイッターのメリットは、短文を用いるため、「手軽に発信できること」です。つぶやきたいことが頭の中に浮かんだ時、パッとつぶやくことができます。無職で人との交流がないと、「何かつぶやきたい」と思っても、つぶやける人が周囲にいなかったりします。そんな時は、ツイッターでつぶやいてみましょう。見知らぬ誰かが反応してくれるかもしれません。

 

 また、誰かをフォローしていると、フォローした人のつぶやきがタイムラインに流れてきます。それを見ているだけでも、結構時間はつぶせます。

 

・ブログ

 ブログは、ネット上に文章を発表するサービスです。ツイッターと違い、ある程度の文字数を書かなければなりません。そのため、慣れないうちは、文章を書くことが大変だと感じる人もいるかもしれません。しかし、文字を書くことは、頭の運動になります。無職だと、頭を使う機会が減るので、頭を使ういい機会になります。また、続けていると文章力もつきます。

 

 「でも、書くネタがない」と思っている無職の人は、「無職の生活の大変さ」について書いてみるといいと思います。それを、他の無職の人が見て、共感してくれるかもしれません。

 

 また、アクセス数が増えて人気ブログになると、アフィリエイトなどで、収入につながることもあります。

 

 「頭を使う」「文章力がつく」「人とつながる可能性がある」「収入につながる可能性がある」など、ブログをすることで得られるメリットは多いです。そのため、個人的に、インターネットを使った暇つぶしの中で、一番おすすめなのがブログです。また、文章を書くことは結構な時間を要するので、かなりの長時間、暇をつぶせます。

 

 

手軽にできる運動

 インターネットばかりしていると体がなまるので、運動もしましょう。運動は、行うと気持ちがすっきりしますし、体力もつくので一石二鳥です。探してみると、お金をかけず、手軽にできる運動というのは、沢山あります。

 

・散歩

 運動の中で、一番手軽なのが散歩です。体力のある人でも、体力のない人でもできます。散歩をする際は、景色を眺めたり、音楽を聴きながらするといいでしょう。そうすれば、飽きずに長時間散歩ができます。

 

・ランニング

 「散歩より、もう少し激しい運動がしたい」という人にはランニングがおすすめです。道路などで行うと、人にぶつかる危険があるので、公園などで行う方がいいでしょう。ランニングは、やっていると走ることに夢中になって他のことは考えにくくなるので、無職の辛さを一時的に忘れたい人は、心を無にしてランニングに励むのもいいかもしれません。

 

・筋トレ

 本格的な筋トレをするにはジムに通う必要が出てきて、お金が沢山かかります。しかし、自重を用いた筋トレなら、家の中でできます。具体的には「スクワット」「腕立て伏せ」「腹筋」などです。最初はきついかもしれませんが、慣れてくると、徐々にできる回数が増えるので、「成長している」という充実感が持てます。また、無職だと「頑張る」という経験が少なくなるので、辛い筋トレをなんとか頑張って続けていると、「頑張って、何かをしている自分」に対して、満足感を得られたりもします。

 

・料理

 無職であろうとも、生きていくためには何かを食べなければなりません。ただ、外食すると、沢山お金がかかってしまいます。そのため、家で料理をする人が多いと思います。料理というのは、非常に奥が深いものです。料理の中には、長時間かけないとできないものもあります。無職の人で時間があるなら、長時間かかる料理を作ってみて、その過程を楽しむというのも、いい時間つぶしの方法です。

 

 ただ、中には、「料理は、めんどくさくて嫌い」という人もいるでしょう。そういう人は、「短時間でできて、そこそこおいしい料理」を作ることを研究してみてはいかがでしょうか。料理のレシピを見ると、面倒な工程が沢山書いてあったりしますが、その工程をとばして作ったとしても、そこそこはおいしい料理が作れたりします。めんどくさがり屋の人は、「自分なりの手抜き料理」を研究してみましょう。そうして研究していくと、「簡単だけど、そこそこおいしい手抜き料理」を作れるようになります。そうすると、達成感を得られ、「他にも、簡単にできる料理はないかな?」と、料理を研究する意欲も湧いてきます。

 

 また、自炊をすると、外食よりも栄養バランスが整いやすくなるので、体も健康になるというメリットもあります。また、料理のスキルというのは、今後もずっと活きてくるので、無職で時間のあるうちに料理の腕を磨くのは、なかなか有益な時間つぶしと言えます。

 

読書(図書館や、座るスペースがある本屋を活用)

 読書は、1冊読み切るのに長時間かかるので、時間つぶしには最適です。また、本を読むことで知識をつけられるというメリットがあります。

 

 地域の図書館は、無料で本が読めて、本を借りることもできます。これは、利用しない手はありません。

 

 ただ、図書館に、自分の読みたい本が置いていない場合があります。そんな時は、「座るスペースがある本屋」を利用しましょう。本屋で本を読むときは、「立ち読み」が普通でしたが、最近は、「座るスペースがある本屋」も増えてきています。こういった本屋は、店内に座るスペースがあって、購入していない本でも座って読むことができます。こういった本屋も、無料で落ち着いて本が読めるため、活用していきましょう。

 

 基本的には図書館を使って、図書館に目当ての本がない場合は「座るスペースがある本屋」というように、うまく使い分けることをおすすめします。

 

ラジオ

 ラジオは、無料で音楽を聴いたり、DJのトークを聴いたりして楽しめます。ラジオは、音楽好きの人にとっては特におすすめです。FMをつけると、常に音楽が流れていますから、自分が知らなかった素敵な音楽に、偶然出会えることもあります。

 

 そして、「他のことをしながら聴ける」のも魅力です。ラジオは、音だけのメディアなので、「料理をしながら聴く」「掃除をしながら聴く」など、他のことと組み合わせて使うことができます。そうなると、活用の幅は広がります。

 

 また、ラジオは、「DJが自分に語りかけてきてくれる」ような気分になるところもおすすめです。無職だと、どうしても人との交流が減りがちで、寂しさが増します。そんな時にラジオをつけると、DJがまるで自分に語りかけてくれているような気分になります。そうすると、DJと交流しているような気分になり、少し寂しさが和らいだりします。

 

 最近は、「ラジコ」という、インターネットを使ってラジオを聴けるサービスもできています。これも、ネットに繋がる環境であれば、基本的に無料で使えます。ネットを介してラジオを聴くと、ノイズが入らず、クリアな音質で聴くことができます。また、「タイムフリー視聴」というサービスもあります。これは、「聴き逃した番組でも、1週間以内ならさかのぼって聴ける」というサービスです。聴きたい番組があったけれど、リアルタイムで聴けなかった場合などは、非常に便利でおすすめです。

 

お風呂に入る

 お風呂に入るとリラックスして、心や体がほぐれます。風呂は、基本的には毎日入るものですが、あえてお湯の温度を低く設定し、肩までつからないようにすると、のぼせずに長時間入ることができます。そうすると、いい時間つぶしになります。また、短時間しかお湯につからずに出てしまうより、長時間つかった方が、よりリラックス効果も高くなります。

 

自然観察

 「自然を観察すること」も、いい時間つぶしになります。自然の風景というのは、季節によって変わるので、継続的に観察していると、その変化を楽しむことができます。あとは、単純に、自然の景色を眺めていると、心は落ち着きやすくなります。

 

 また、植物だけでなく、動物を観察するのもいいでしょう。鳥を眺めたり、池にいる鴨を眺めたり、野良猫を眺めたりしても、心は癒されます。

 

 まとめ

 このように、色々と「あまりお金をかけずにできる、暇をつぶす方法」を紹介してきましたが、どうだったでしょうか。自分に合いそうなものはありましたか? もし合いそうなものがあれば、手軽にできるものばかりなので取り入れてみてください。ただ、やってみて「合わないな」と思ったら、無理に取り入れようとはしないでください。「どれが合うかどうか」は人によって違うので、自分にしっくりくるものだけ取り入れてください。

 

 今回の記事は、主に無職の人向けに書きましたが、もちろんこれらは、現在働いている人でも取り入れることができます。働いているけど、「あまりお金をかけない趣味が欲しい」と思っている人は、これらをぜひ取り入れてみてください。そうすれば、趣味にあまりお金がかからなくなるので、お金は貯まりやすくなります。

 

 また、「あまりお金を使わず楽しむこと」について書いてある本もあり、参考になる部分も多いので、興味を持った方は、こういった本を読んでみることもおすすめです。