しょうの雑記ブログ

物事の考え方、ブログ運営、ファッション、プロ野球、音楽、食べ物などについて書いたブログです。

自分の短所を別の視点から見ると、長所になることもある

 「自分には、短所ばかりで、長所がない」と思っている人は結構多いのではないでしょうか。日本人には、自分に自信が持てない人が多いような印象があります。特に、性格が内向的な人だと、そういう風になりやすいです。あまり見たくないかもしれないですが、そういう人は、あえて自分の短所をじっくり見てみましょう。

 

 その時、自分の短所を見る場合は、「今までとは別の視点から見る」ようにするのがお勧めです。無理やりでも、こじつけでもいいから、「この短所、見方を変えたら長所にならないかな?」と考えてみましょう。

 

 例えば、「引っ込み思案で、なかなか主張ができない」と思っている人がいたとします。確かに、会社などに入ると、そういう性格の人は評価されにくかったりします。しかし、そういう人というのは、「場の空気を読む能力」は人一倍優れていたりします。なぜなら、場の空気を読みすぎるからこそ、「自分がしゃしゃり出てはいけないのかな」と気を使い、主張できなかったりするからです。また、そういう人は、人一倍、「人に対する優しさ」を持っていたりします。優しいからこそ、人を押しのけて主張できなかったりするのです。そう考えると、この人には実は、「場の空気を読む能力」と「優しさ」という長所があったりします。

 

 また、自分でなかなか長所が思いつかなかったら、仲のいい人に自分の印象を聞いてみてもいいかもしれません。そうしたら、「自分では短所だと思っていた部分が、その人からは長所ととられていた」ということも割とあります。自分では「そんなものが長所なのかな?」と疑問に思ったりもするでしょう。しかし、「人からそう見えている」ということは、それが長所である可能性は高いです。

 

 例えば、「自分は性格的に抜けていて、しっかりしていないところが短所だ」と思っていたりします。しかし、人から見ると、「ちょっと抜けているところが、親しみやすくていい」と受け取られていたりすることがあります。

 

 そういった、他人の意見は、疑問を持ったとしても、「人から見ると、これが長所になるんだ」と素直に受け入れておきましょう。

 

 短所と長所というのは、どちらも「人より突出している部分」です。だから、短所の見方を変えると、それが実は長所だったということも結構あります。そしてその隠れた自分の長所に気づけたら、あとはそれをどんどん伸ばしていくように努力してみましょう。そうすると、それがその人の「個性」や「魅力」として認められるようになって、少しずつ自信もついてくるはずです。