場面緘黙症だった僕の、その後の人生

小学校時代に場面緘黙症を経験。社会に出た後も、仕事になじめずに苦しむ。社会にうまく適応できないという悩みあり。このブログが、同じような悩みを持っている方の参考になれば幸いです。

浪人時代

 浪人時代は、予備校に通いながら勉強をしていました。浪人時代は、中学・高校時代と比べると、人が変わったように、真剣に勉強をしていました。

 

 今まで、全然勉強をしていなかった分、勉強することの面白さに気づいた部分がありました。

 

 また、浪人生というのは、ある意味、「この先どうなるかわからない、不安定な状況」です。そういった状況に対して危機感もありました。「大学に受からないと、将来がない」と考えて、必死で勉強しました。そのため、浪人時代の1年間は、ほとんど勉強をしていた記憶しかありません。

 

 必死で勉強をしたおかげか、成績はどんどん上がっていきました。ただ、成績が上がったといっても、非常にレベルの低いところからのスタートです。そのため、大学入試が近くなっても、「どこかしらは受かるだろうが、名の通った大学は難しいだろう」というような状況でした。

 

 しかし、今まで勉強も頑張ってきたし、難しいかもしれないけれど、名の通った大学も受験してみることにしました。そうすると、運が良かったという面もあり、奇跡的に名の通った大学に合格することができました。

 

 合格発表は、現地には行かず、電話で聞いたのですが、合格を知ったときは、「やった!」とすごく喜びました。「今までの努力が報われた」と思いました。

 

 そういった感じで、無事、大学に進学することができました。