場面緘黙症だった僕の、その後の人生

小学校時代に場面緘黙症を経験。社会に出た後も、仕事になじめずに苦しむ。社会にうまく適応できないという悩みあり。このブログが、同じような悩みを持っている方の参考になれば幸いです。

無職

「無職」のメリットとデメリット、「職につくこと」のメリットとデメリットについて

僕は、2019年の2月から働き始めたので、現在は、仕事についています。しかし、その仕事につく前は7ヵ月間ほど、無職の生活を経験しました。 そこそこ長い期間、無職を経験して、色々と学んだこともあります。 そこで、今回は、「無職のメリット・デメリット…

無職にとって、「正月」は過ごしやすい

無職だと、「平日の昼間に外に出づらい」と思っている人は多いのではないでしょうか。平日の昼間というのは、「多くの人が働いている時間」です。そういった時間に、何度もブラブラと外に出ていると、近所の人から「あ、あの人、働いていないのかな?」とい…

無職になったら、胃腸の調子は良くなった話

自分は、現在、無職です。無職になると、どうしても「無職の悪い面」ばかりに目がいってしまします。しかし、少ないながらも、「無職になって良かった点」というものも存在します。自分の場合、無職になって良かった点というのは、「無職になってから、胃腸…

無職の人におすすめの、お金をかけずに暇をつぶす方法

無職になると、仕事がないため、「しなければならないこと」がほとんどなくなります。現在、正社員で、連日遅くまで残業をしている人にとっては「うらやましい」と思ったりする人もいるでしょう。しかし、「しなければならないことがない」というのも、それ…

無職だと、クリスマスなどの行事に関心がなくなる

今日は、クリスマスイブです。今年のクリスマスイブは、休日なので、恋人や家族と出かける人が多いでしょう。そして、クリスマスプレゼントを買ったりするのでしょう。 そういう僕は、一切クリスマスに関心がありません。はっきり言って、「どうでもいい」と…

無職だと、「派遣の登録で話しただけ」でちょっと嬉しくなることがある

自分は、もう半年ほど無職の状態が続いています。無職も、最初は楽しいのですが、長くなってくると、心にあまり良い影響を及ぼしません。 無職には、「生活のリズムが崩れる」、「自分に自信がなくなる」、「人とあまり話さなくなる」といった問題点がありま…

「不採用」の辛さは、「好きでもない子に告白して、振られる」のと似ている

現在、仕事探しをしていますが、「これがやりたい」と思えるような求人に出会うことは、まずありません。あったとしても、自分の経歴や年齢を考えると、応募すらできなかったりします。 しかし、このままずっと仕事をしない訳にもいかないので、あまり気が乗…

「無職」であるということ

最近は、段々と無職の期間が長くなってきました。もう、約半年ほど、無職の状態が続いています。 「無職」というのも、最初はなかなか楽しいものです。仕事に行く必要はない訳ですから。わずらわしい職場の人間関係もなくなります。 しかし、無職の期間が3か…

今後の進路について

老健に就職したものの、「たった数ヵ月で退職してしまった」という事実が、自分にとってはすごくショックでした。また、早期の離職をしてしまうと、履歴書にも傷がつきますから、その後の就職にも不利になります。 少し学校に通い、介護関係の資格を取ってみ…